母の日といえばカーネーション!父の日に贈る花は黄色いバラ!?由来や花言葉をご紹介!

こんにちは。

ohananomachi〜おはなのまち〜の玲菜です。

来週、6月17日は年に1度の「父の日」ですね!

年に一度と言わず、今年は平成と呼ばれる最後の1年とのことなので、「平成最後の父の日」とも言える日になります。

父の日のプレゼントはもうお決まりですか?

母の日といえば、赤やピンクのカーネーションをプレゼントするイメージがあるかと思いますが、父の日というとあまりイメージが湧きませんよね。

そこで、父の日に何を渡したらいいかわからない!

いつもお母さんにばかりお花をプレゼントしてるけど、父の日くらいお父さんにもお花をプレゼントして感謝の気持ちを伝えたい!

とお考えのあなたにぴったりの、パパ向けのお花をご紹介します!

ぜひ、父の日のプレゼント選びの参考にしてみてくださいね。

父の日はいつから始まった?

母の日は大々的に知れ渡ってるのに、父の日と言われるといまいちいつなのかわからない・・・

母の日には毎年プレゼントを贈るけど父の日は何もしてない・・・

という方も、多いのではないかと思います。

そもそも「父の日」の始まりは、あるアメリカ人女性が、男手一つで自分と兄弟を育ててくれた父親に感謝して父親が大好きだったバラの花を送ったことが始まりと言われています。

日本では、1950年代にアメリカから来て「父の日」が認知され始めましたが、一般的に広く知れ渡り始めたのは1980年代以降とのことで、デパートの販売戦略の後押しもあり、少しずつ認知度を上げて来ているようです。

そんな父の日を、広く認知させるために大きく貢献しているのが、「日本ファーザーズ・デイ委員会」という1981年に設立された団体です。

「日本ファーザーズ・デイ委員会」は、一般社団法人日本メンズファッション協会の理事長だった伊藤恭一氏が提案し、毎年良き父親(ベストファーザー)にイエローリボン賞を授与しています。

イエローリボン賞に選ばれるベストファーザーの選考基準は、

・ 明るく楽しい家庭づくりをしている父親

・ 父親学の実践者

・ 厳格なしつけをしている父親

・ 子供たちの良き理解者、良き教育者

・ お母さんと子供から見た、素敵なお父さん

・ 社会の福祉に貢献し素敵な父親像をアピールしている人

・ ユニークな子育てをしている父親

など様々な意味で「素敵なお父さん」と呼ばれる人を先行しているようです。

過去の受賞者には俳優の武田鉄矢さんやつるの剛士さん、杉浦太陽さんを始め、プロサッカー選手の中村俊輔さんや、(株)タカラトミー 代表取締役社の富山幹太郎さん、三重県知事の鈴木英敬さんなど様々な分野で活躍されているお父さんたちが選出されています。

父の日に送る花は黄色いバラ!?

あまり認知はされていないかもしれませんが、日本で父の日に送るとされている花は、「黄色いバラ」です。

バラに限らず、黄色いヒマワリや黄色いカーネーションなどを贈る人も増えているそうです。

なぜ黄色なのかというと、イギリスでは古来、黄色は「身を守る色」とされていました。

それがアメリカに渡って「黄色いリボン」となり、「愛する人の無事を願うもの」という意味になり、それが父の日のイメージにぴったりだったということです。

また、黄色には「嬉しさ」「暖かさ」「幸せ」「富貴」「希望」「向上」と言った意味もあるそうです。

父の日にオススメの花1位「黄色いバラ」の花言葉と注意点!

黄色いバラの花言葉には、「美」「友情」「献身」「可憐」「あなたを恋します」「嫉妬」「薄れいく愛」「別れましょう」などがあります。

前半の花言葉はいいものの、後半はあまり人に贈るにはふさわしくない言葉が並んでいますね・・・

父の日のプレゼントとして定着している黄色いバラですが、実はそのような花言葉も併せ持っているのです。

そのため、父の日にプレゼントするときには、1色のみプレゼントするのではなく、何色か混ぜたり他の黄色のお花と一緒に送ることをおすすめします!

父の日にオススメの花2位「黄色いヒマワリ」!

ヒマワリといえば元気いっぱいの黄色!

父の日のイメージカラーの黄色にもぴったりで、贈り物にも人気です。

ヒマワリの花言葉には、「憧れ」「敬慕」などがあるため、花言葉から見てもおすすめです!

ちなみにプレゼントする本数や、ヒマワリの種類によっても少しずつ意味が異なっていくようなので、きになる方はぜひチェックして見てください。

父の日にオススメの花3位「ガーベラ」!

「親しみやすさ」「希望」「前進」という意味を持つガーベラも父の日の贈り物にぴったりです!

また、ガーベラはバラやヒマワリよりも安価で、気軽に渡せるお花だと思います。

こちらも色によって意味や花言葉が少しずつ異なるので、いろいろな色を花束にして贈ると見栄えも良く、華やかなのでオススメです。

お花と一緒に渡したい!父の日おすすめギフト!

お花だけたとなにか物足りないと感じる方は、お花と一緒にお父さんが喜ぶギフトを渡して見てはいかがですか?

もしくは一番気持ちが伝わると思うので、たった一言でも手紙を添えて渡すのもおすすめです!

まとめ

いかがでしたか?

父の日に渡してみたいお花やプレゼントが、少しでイメージできたでしょうか。

ぜひ、父の日までにまだ少し時間があるので、お父さんに感謝の気持ちを伝えて見てくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

投稿者プロフィール

佐藤玲菜(ohananomachi)
佐藤玲菜(ohananomachi)
佐藤玲菜(さとうれいな)群馬県出身、25歳プリザーブドフラワーデザイナー。学生時代より好きを仕事にしたいとの思いから、現在はオリジナルブランド「ohananomachi(おはなのまち)」にて、フラワーアレンジメントやウエディングアイテム、お仏花などの製作、販売を行う。(渋谷・横浜などの百貨店にも出店経験あり)好きなことは、ものづくり、ライブや舞台に行くこと、海外旅行。好きな映画は「LALALAND」。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

佐藤玲菜(さとうれいな)群馬県出身、25歳プリザーブドフラワーデザイナー。学生時代より好きを仕事にしたいとの思いから、現在はオリジナルブランド「ohananomachi(おはなのまち)」にて、フラワーアレンジメントやウエディングアイテム、お仏花などの製作、販売を行う。(渋谷・横浜などの百貨店にも出店経験あり)好きなことは、ものづくり、ライブや舞台に行くこと、海外旅行。好きな映画は「LALALAND」。