イベント直前!ヨコハマハンドメイドマルシェを100倍楽しむための5つのポイント!

 

こんにちは。

ohananomachi〜おはなのまち〜の玲菜です!

 

いよいよ日本最大級のハンドメイドイベント、「ヨコハマハンドメイドマルシェ」まで1週間を切りましたね!

出店者の皆さんは準備に追われ、慌ただしい日々を過ごしていることでしょう。

まさに私も26日、27日の両日出店予定なので準備でワタワタしています。笑

「ohananomachi〜おはなのまち〜」という屋号でブースは【F−21】に決まったので、来場予定の方はぜひ遊びに来てくださいね!

 

少し話がそれてしまいましたが本題に戻りまして、今回は「ヨコハマハンドメイドマルシェ」を100倍楽しむポイントを5つのポイントに絞ってご紹介します!

ぜひ、来場の際は参考にして、100倍楽しんで行ってください!!

ポイント1 あらかじめ前売り券を買っておく

「ヨコハマハンドメイドマルシェ」では、入場の際入場券が必要になって来ます。

ちなみに小学生以下は無料です!

当日、チケットカウンターで購入することもできますが、かなりの人数が来場することを考えるとチケットを購入するのも一苦労です・・・

また、当日券だとチケットの料金は1000円

しかし、あらかじめ購入できる前売り券を購入しておけば、なんと800円で購入できちゃうのです!

前売り券が買えるのは、まさにイベント前日の2018年5月25日の23時59分までです!!!

前売り券を購入しておくことで、200円もお得にチケットを購入することができることはもちろん、チケットがすでに手元にあるので、チケット購入の長蛇の列に並ばずにも済みますので、来場予定の方はぜひあらかじめ購入してからパシフィコ横浜にくることをおすすめします!

そんなお得な前売りチケットの買い方は3種類!

前売り券購入方法1 コンビニで購入

各種コンビニに設置されている発行端末より購入することができます。

ここでもポイントがあり、実はチケットを購入する際のコンビニによって発行手数料がかかってしまうところがあります!

発行手数料無料で購入できるコンビニ

・ファミリーマート

店内に設置されているFamiポートから『ヨコハマハンドメイドマルシェ』と検索すれば購入できます。

・ローソン&ミニストップ

店内のLoppi(ロッピー)と呼ばれる発行機からLコード『32395』を入力して購入することができます。

発行手数料に108円(税込)かかってしまうコンビニ

・セブンイレブン

店内のマルチコピー機から「チケットぴあ」を選択し、Pコード『991658』と入力して購入することができます。(発行手数料108円)

・サークルKサンクス

店内のKステーションからPコード『991658』と入力して購入することができます。(発行手数料108円)

前売り券購入方法2 インターネットで購入する

以下のプレイガイドのウェブサイトにて前売りチケットが購入できるのですが、こちらもウェブサイトによっては別途手数料が発生するので注意が必要です。

・e+(イープラス)

・チケットぴあ

・ローチケ

・楽天チケット

前売り券購入方法3 Passmarketで購入する

Passmarketで購入すると、メールアドレスに紙チケットの代わりとなる電子チケット(QRコード)が発行されます。

入場時は、電子チケット専用の入り口から入場します。

 

前売り券の購入方法を3つご紹介しました。

せっかくお得に前売り券をゲットできるならチケットの発行手数料にはお金をかけたくないですよね・・・

ぜひ、事前にチェックして少しでもお得に買ってみてください!

ポイント2 行きたいお店をあらかじめチェックしておく

会場には二日間で合計3000ブース以上のブースが並びます。

そのため、じっくりみていたら1日中いても回りきれません・・・

出店者側はツイッターやインスタグラムなどのSNSを使って自分のブースがどこに出店するのか、どんな商品を販売、展示するのかなどを常々発信しています。

普段からチェック・フォローしていたり、気になっている作家さんのブースなど、絶対に行きたい!と思っているところは外さずいけるように、あらかじめチェックして行きましょう。

また、ネットで見た気になっている商品が早々に売り切れることがないよう、端からひとつひとつ見て行くのではなく、チェックしたブースから回るのもお気に入りの作品をゲットするには手かもしれません!

ポイント3 いいな!と思ったら即買いがおすすめ

女性は特に買い物の際、例えば5回建てのショッピングモールの上から下までしっかりチェックして目星をつけておき、全て見終わったら気になっていたものを購入するために再来店するということが多いです。

しかし、ヨコハマハンドメイドマルシェでは3000ブース以上のショップが立ち並び、13500人以上の来場者が見込まれます。

気に入った商品があって後でまたこようと思っても、似たような通りが多く再来店が本当に難しいです!

さらに同じハンドメイド商品目当てで来場している方ばかりなので、再来店するまでの間に売り切れてしまう可能性も出てきます。

なので少し大げさに聞こえるかもしれませんが、作品との出会いは『一期一会』だと考え、欲しい!気に入った!と思うものがあれば、いつもの買い物よりは悩まずに購入したほうが後で後悔をすることが少ないのではないかと思います。

ポイント4 プレゼントを選ぶ

会場では、作家さんが1点1点心を込めて手作りした作品が並んでいます。

まさにそのひとつひとつが他では手に入らない1点ものなので、自分用はもちろん友達や家族などプレゼントにはぴったりの、お気に入りの1点が見つかるはずです。

さらに、オーダーしてその場で作ってくれたり、作品に名前を入れてくれる作家さんもいることもあるので、プレゼントする相手の好みや名前を入れたオリジナルの作品をゲットできる可能性があります!

ポイント5 作家さんと交流する

イベントの醍醐味といえばやはり作品を実際に手にとって見られること、そしてその作品を作った作家さんと直接交流できるところにあると思います。

気になった商品について聞いて見たり、素直にかわいい!素敵!と伝えることが作家さんにとっては一番嬉しいことであり、やりがいや次の作品作りのモチベーション作りにも繋がります。

もしも直接話すことが苦手だったり、緊張してしまう場合はショップカードや名刺をもらって後で連絡して見るのもいいと思います。

ほんの少しの行動かもしれませんが、とても喜ばれること間違いありません。

まとめ

いかがでしたか?

この記事を読んだことによってヨコハマハンドメイドマルシェがさらに楽しみになっていたら幸いです!

また、ヨコハマハンドメイドマルシェに参加する作家さんは、普段はminneBASEなどのネットショップで販売している方も多いので、そちらで下見をしておくのもいいかもしれません。

それでは、5月26日、27日は思いっきりイベントを満喫しましょう!

投稿者プロフィール

佐藤玲菜(ohananomachi)
佐藤玲菜(ohananomachi)
佐藤玲菜(さとうれいな)群馬県出身、25歳プリザーブドフラワーデザイナー。学生時代より好きを仕事にしたいとの思いから、現在はオリジナルブランド「ohananomachi(おはなのまち)」にて、フラワーアレンジメントやウエディングアイテム、お仏花などの製作、販売を行う。(渋谷・横浜などの百貨店にも出店経験あり)好きなことは、ものづくり、ライブや舞台に行くこと、海外旅行。好きな映画は「LALALAND」。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

佐藤玲菜(さとうれいな)群馬県出身、25歳プリザーブドフラワーデザイナー。学生時代より好きを仕事にしたいとの思いから、現在はオリジナルブランド「ohananomachi(おはなのまち)」にて、フラワーアレンジメントやウエディングアイテム、お仏花などの製作、販売を行う。(渋谷・横浜などの百貨店にも出店経験あり)好きなことは、ものづくり、ライブや舞台に行くこと、海外旅行。好きな映画は「LALALAND」。