「めんどくさい」思ったら負け!やる気が出ない・めんどくさいと思ったときの対処法3選!

こんにちは。

ohananomachi〜おはなのまち〜の玲菜です!

何かやらなければならない時、動きたいのに動けない時、人間誰しも「めんどくさい」「やる気が出ない」というときがありますよね。

まさに今日その状態に陥りました・・・

頭の中ではあれをやらなきゃ、これをやらなきゃと思っているのに動けない!

しかし、「めんどくさい」という理由で時間を無駄にすることほどもったいないことはありません!

例えばお風呂に行くことがめんどくさい。

食器を洗うのがめんどくさい。

テスト勉強をするのがめんどくさい。

など、「めんどくさい」とさえ思わなければ、1秒で行動に移すことができますよね?

しかしそこで「めんどくさい」と思ってしまうからこそ、たった1秒で行動できるはずなのに、だらだらと数十分、数時間と無駄な時間を過ごしてしまうのです。

今回は「めんどくさい」「やる気が出ない」というときに、そんな感情を吹き飛ばし、1秒で行動するための対処法をご紹介します!

ぜひ参考にしてみてくださいね!

「めんどくさい」「やる気が出ない」ときの対処法①体を動かしてみる

「めんどくさい」「やる気が出ない」と思っているときは、だいたい静止している状態が多いと思います。

家に帰ってきて一息ついているとき、お昼を食べて一休みしているとき、ベットやソファで横になって休憩しているときなど・・・

問題は休憩のその後です!

止まっている状態から動いて別のことをするときに、「めんどくさくて動けない」という自体になることが多いと思うのです。

なので、一回伸びをしてみたり、座っていたり横になっているときであれば立ち上がって見たり、ちょっと体を動かすことで次の行動に移しやすくなります。

「めんどくさい」「やる気が出ない」ときの対処法②自分のやる気スイッチを見つけておく

例えば朝起きるとき、好きな音楽をアラームにしておくと、すぐに起きられたりしますよね?

それは好きな曲を聴きたいと思うことが「起きる」という行動へのやる気スイッチになっているからだと思います。

それと同じように、自分のモチベーションをあげ、やる気が出るポイントを自分自身で作っておくと次の行動に移しやすくなります。

「めんどくさい」「やる気が出ない」ときの対処法③やる気が出ない理由を考えてみる

「めんどくさい」「やる気が出ない」というとき、その理由を考え、根本的なところから改善してみるのも一つの手です。

例えば今日の私の場合、お昼を食べて休憩したら試験に向けたブーケの練習をする予定だったものの、なかなか行動に移すことができませんでした。

このときの「めんどくさい」「やる気が出ない」理由は、主に以下の3点です。

①食後で少し眠かった。→睡眠欲がやる気の邪魔をした

②机の上、部屋が散らかっていたので、ブーケの練習をするにはまず片付けをしないといけなかった。→まず片付けるのがめんどくさい

③試験は来月なのでまだ余裕があると思ってしまった。→まだ時間があると思うと今やる気が出ない

こういった根本的な理由をひとつひとつ深掘りすることで、「やらなきゃ!」に繋げます。

「寝ている場合じゃない!試験までまだあるといっても全然合格レベルに達していない!受からなかったら8月以降半年間の予定がパーになり、2月に再受験することになる!!!」

ここまで考えると危機感に襲われ、自然と行動に移せるはずです。

まとめ

いかがでしたか?

少しでも参考になれば幸いです。

しかし、やる気が出ない理由がどうしても眠いときなど、動いて行動に移してみても半分寝ているような集中できない状態であれば、軽く1回寝てスッキリしてから行動するのもありだと思います。

自分のそのときの状況によって、やる気スイッチのタイミングや方法も変えてみてください!

それでは最後までお読みいただきありがとうございました!

投稿者プロフィール

佐藤玲菜(ohananomachi)
佐藤玲菜(ohananomachi)
佐藤玲菜(さとうれいな)群馬県出身、25歳プリザーブドフラワーデザイナー。学生時代より好きを仕事にしたいとの思いから、現在はオリジナルブランド「ohananomachi(おはなのまち)」にて、フラワーアレンジメントやウエディングアイテム、お仏花などの製作、販売を行う。(渋谷・横浜などの百貨店にも出店経験あり)好きなことは、ものづくり、ライブや舞台に行くこと、海外旅行。好きな映画は「LALALAND」。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

佐藤玲菜(さとうれいな)群馬県出身、25歳プリザーブドフラワーデザイナー。学生時代より好きを仕事にしたいとの思いから、現在はオリジナルブランド「ohananomachi(おはなのまち)」にて、フラワーアレンジメントやウエディングアイテム、お仏花などの製作、販売を行う。(渋谷・横浜などの百貨店にも出店経験あり)好きなことは、ものづくり、ライブや舞台に行くこと、海外旅行。好きな映画は「LALALAND」。